もし職務質問になったらどう対応しますか?

こんにちは、ペイです。

 

突然ですが、警察の職務質問にあったら

みなさんはどう対応しますか?

そして、カバンの中身を見せてくださいと

言われたらどうしますか?

その結果、キャンプで使うビクトリノックス

のようなマルチツールが発見されて警察へ

連行される事態になったらどう対応します

か?

 

はっきり言ってボクはこの本を読むまでは

こんなことは想定してなかったし、刃渡り

6cmを超えるものは所持を禁止されている

なんて、お恥ずかしい話しですが、まったく

知りませんでした。

 

「お酒を飲んだら自動車を運転したらいけません」

「歩きスマホは禁止」「自転車は車道を走りま

しょう」などは啓蒙されているのに、「刃渡り

6cm以上の刃物は所持禁止」は何故啓蒙されて

いないのでしょうか?

ボクもマルチツールは日常的に所持しているので、

職質にあったら警察署へ連行されて、この本に

具体的に書かれている事例と同じに起訴されて

しまいます。

 

この本を読むと、本当に恣意的に検挙率を上げる

ためとしか思えなくなってしまいます。

 

この職務質問への対応以外に、敷金の取り戻し方、

連帯保証人にまつわる話し、名誉棄損でネットへ

の書き込みで逮捕された人の話しなど、私たちが

日常生活の中で巻き込まれそうなことを中心に

元朝日新聞の記者であった著者が、取材を通じて

知った具体的な事例と対応策が書かれています。

 

最近読んだ本の中で、日常生活の送るうえで

有益な情報が書かれていた本なのと、現代を

生きるうえで必要な知識が書かれている本

なので、一人でも多くの人に読んで頂きたい

と思い紹介させて頂きました。

 

絶版になる前に是非!

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です